So-net無料ブログ作成
検索選択

白金ナノコロイド 毒にも薬にもならない方がよいビジネス [IT業界日記]

一般法則として、バイオベンチャーハイリスクだ。

理由は明快で、医薬品が対象であれば、効用のある新薬の発見がバクチな上、有効性が確認されてからの安全性の検証に途方もないカネと時間がかかるからだ。

だから、過去経験的には、不況の時にバイオベンチャーは流行る。バブルとして。そして、この分野で予測可能なのは、計測器、試薬、バイオインフォマティックだけなのだ。

だが、有効性と安全性という観点をかなぐり捨てれば、この分野にはもう一つの突破口がある。「化粧品、そして健康食品」。すなわちグレー領域だ。

毒にも薬にもならないって言葉があるだけに、有効性の検証が困難な領域であれば、おそらく、安全性も問題が無かろう。これは、時間と労力、つまり投資効率の観点から見れば極めて有益だ。必要なのは、神話とブランド、そして、販売力のみである。

「北海道ベンチャーキャピタル」の投資担当者(まっとうな人である)社長を兼務している。アプトという会社がある。コンビニにもあふれている「白金ナノコロイド」を作っている会社だ。

宮本有正氏の「ALSマウスに白金ナノコロイド溶液を飲ませたら進行が遅れた」という研究を元にしているとは言え、それを飲料水や化粧品に混入させた場合の効果は疑問であり、検証もされていない。(*注1)(かといって、有害という結果が出ているわけでもない)

http://stratospheric.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_891b.html
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/appendix/app31.html
しかし、重要なのは

白金 という物質のバリュー感
ナノ という流行言葉
東大 というブランド
アンチエイジングに効果があるっぽい雰囲気

であり、おかげで宮本氏は、知られているだけでも200万を上回る報酬を得ることが出来ている。

http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/d04_09_j.html

シーテックからアプトへの”営業譲渡”による事業継承など、一部の債務者、投資家となにかがあったっぽい白金ナノコロイド事業だが、Web2.0よろしく、効果が明確だが重い、医療の世界より、明確な効果は明らかでないが素人に売れるビジネスの方が投資事業としては魅力的であり、その辺の方向性をはっきりさせたということだろうか。

まぁ、あれだけど、どこぞのおばちゃんが白金ナノコロイド入り化粧品を使ってくれたおかげでセンセイの学術研究が進むのならそれはそれでイイしかもしれんなぁ。

おまけ

「ニセ科学は科学よりも科学らしい」

(*注1)もちろん、白金に触媒作用があることはよく知られた事実であり、微粒子にすれば、表面積の増大で少量で効果が増し、沈殿もさけられ、ALSマウスでの進行遅延(程度は確認できなかった)も事実だろう。
 しかし、化粧品、食品がイメージとして打ち出している、食品、化粧品として利用した場合のアンチエージング効果を示す論文は見つけることが出来なかった。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 3

しましまよし

検索していてみつけました。

白金ナノコロイドについては下記サイト(国立健康・栄養研究所 http://hfnet.nih.go.jp/)で出ています。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail869.html
かなり否定的です。

また私のmixi日記にも記載しましたが、ある健康食品のセミナーで新宿区医師会ではこの白金ナノコロイドサプリ(D○Cと名指ししていました。)で重篤な全身発疹の例が2例あったと報告がありました。

特にカプセルを開けてその粉末を呼吸で吸うと、国立健康・栄養研究所で指摘する“暴露”になると思います。あわててカプセルを飲んでむせ返ってせきをした後がもっとも危険のように思います。

信じられないのはこんな教授がどうして東京大学教授なのですかね?
by しましまよし (2007-10-03 13:33) 

Hiroshi

こんにちは、
白金ナノコロイドで副作用の事例も出てきましたか。事例が増えるとメディアにも露出してきそうですね。

 東京大学大学院新領域創成科学研究科は、新規分やが多いためにあやしい研究も混在しているのかもしれません。ただ、宮本有正氏そのもののオリジナル論文はまともなものなのですが、追い詰められた金融やが明確な高価のない領域に名前を使い出したのが問題なのだと思います。
 日本の場合、あやしいビジネスもメディアに叩かれるまでは野放しなので結果的に被害が拡大しますね。
by Hiroshi (2007-10-03 18:47) 

白金ナノコロイド

白金ナノコロイドの副作用
by 白金ナノコロイド (2009-12-10 14:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。