So-net無料ブログ作成
検索選択

CoolMax ドライ系機能素材 [がらくた日記]

うろうろそこいらを歩き回ったり、フィットネスクラブでステアマスターをしてる時に鬱陶しいのは流れ出る汗とへばりつく下着である。

デュポン社の機能素材CoolMaxは、化学繊維をでこぼこのある扁平した微小形状に形成し、毛細管効果により汗を素早く吸収し、微細繊維の大きな表面積効果により素早い蒸発を促すのだという。
論より証拠、早速購入して試してみた。CoolMaxを素材に利用した製品は、ジャージやハードなスポーツ専用ウェアよりは、下着、カジュアルウェアに多く、昔はユニクロのドライ系下着にもチョイスがあったようだが、現在はL.L.Beansなどから売られている。ただし、お値段が高いようなので、今回は自衛隊御用達衣類の
CABclothing
の製品を楽天通販
さくらや
から購入してみた。また、比較対象としてユニクロのドライTシャツも購入した。

結果

たしかに効果はある。きつめのウォーキングをしていても涼しく感じられる。ただし、リュックを背負った背中の部分までが乾燥するわけではないのでその部分は汗でぬれたままになった。しかし肌触りにべとつき感はない。休息中に、ぬれた場所は乾くが、体の冷えを感じた。
また、フィットネスクラブで行うきつめの有酸素運動の場合はさらに効果は大きかった。体が冷えるため汗の量自身が少なく感じる。これはいいっ。

反面、素材の特性を生かすためと思われるが布そのものにデコボコが存在する織り方であり、木綿シャツのなめらかな肌触りという訳にはいかない。

ユニクロのドライに関しては素材は不明だが肌触りはより柔らかく、きつい運動時に関しては冷やす性能はそれほど感じられなかった。着心地重視であるのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。