So-net無料ブログ作成
検索選択

グランツーリスモ4 というか、ハイビジョンでゲーム [がらくた日記]

PS2発売当初に、日経エレクトロニクスに載った特集記事の中に

「PS2は、DVDのプログレッシブ対応をアップグレードで提供する予定がある」
という記述があった。
DVDのプログレッシブ対応とは、通常のテレビジョン放送が、飛び越し走査線描画( i インターリーブ)を行うのに対して、フレームのすべての走査線を逐次( p プログレッシブ)描画することだ。もともと、映画素材などでは、フィルムからデジタル化した場合に、アナログテレビの規格に合わせる必要がないためDVD内部には、24fpsで、逐次描画に相当する画像が入っているわけであり、この蓄積画質をそのまま出力できるプレーヤーのことだ。
PS2発売当初は、「プログレッシブ対応」は高級機のみが持つ機能であり、価格も30万程度していた。そのため、PS2の価格帯でプログレッシブ対応可能ということは驚きであるとともに、ハード的には画像出力部分が、柔軟な出力にあらかじめ対応していることを意味していた。
その後、HORIから、ハイビジョンや、DVDのプログレッシブ出力に必要なPS2のD端子変換ケーブルが発売され購入したのであるが、長らく純正のD端子ケーブルが出ることもなく、どこまでの柔軟性が有るのか、ホントの意味で、D端子に対応できるのか確かめられずにいた。

ところが、グランツーリスモ4の設定メニューの中に
 480p プログレッシブ出力
 1080i ハイビジョン出力
という設定メニューがあるではないか!!!!
テレビ側の動作を見る限りにおいて、少なくとも、D端子の「アスペクトレシオ信号端子」を使っている動作であり、画質に関しても、かなり美しい。なるほど、PS2は、もともと、D端子出力を予定した作りだったんですね。ただ、ありがちなことだが、ゲームメニュー系の画面は480iの通常画面で共通化されているようであり、しかも、アスペクトレシオを横長にしている。その際に、アスペクトレシオ修正信号を出していないようで、テレビの設定を「フル」にしておかないとスクイーズされた縦長の表示になってしまう。

とはいえ、パソコンとは異なり、コンシューマー機でのハイビジョン画質のゲームはPS3または、XBOX2以降と思っていたので、正直驚きでした。

ちなみに、ゲームの方は、グランツーリスモ3に対して、多少難易度が下がっている印象でずか、定番の内容で楽しめるものです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

Hiroshi

1080iのモードって、再起動するたびにリセットされ、通常の画質に戻っている気がする。
アスペクトレシオはそのままなのだが、テスト漏れかなぁ。
by Hiroshi (2005-01-04 22:04) 

GT4ほとんどやってない者

飛び越し走査線描画(iインターリーブ)
               [↑][↑]
           インターレース 
           ではなくて? 
by GT4ほとんどやってない者 (2016-01-07 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。